忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Tom Anderson。手元に来てから結構時間がたっているのですが、ちょっとしたリペアに出してたりしてたもので、まともにスタジオで音出しするのは本日が初めて。


プレイヤビリティに関しては今さら書くまでもなく、Tom Andersonの極めてプレイしやすいもの。以前書いたとおり、ブリッジピックアップはSA2からHC3に載せかえています。やはりポイントはHC3のサウンドはどうかというところ。

とりあえず結論から書くと、すごく良いピックアップですねコレ。
Tomの中ではハイパワーなカテゴリーに分類されてますが、一般的にイメージされるハイパワーピックアップとはまったく異なっていて実際のパワーはほどほどです。
とにかく音の分離が良い。ドライブしたサウンドでもコード感がばっちり。そして、ハイポジションの音ぬけが極めて良好。バンドの音に埋もれません。

自分が所持したギターのなかで、工作&サウンドの両面でトータルバランスがここまで高いギターは初めてです。Tom Andersonの底力を痛感。
しばらくはこっちをメインで使ってみようと思っています。




にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村



PR

明日は今年初のライブ。色々と最終のチェック中です。



バンドの活動ですが、それなりの期間が経過すると、なにかと色々な問題が出てくるものです。うちは今がちょうどその時期でしょうか。
モチベーションを維持するのってやはりたいへんです。
まああまり深く考えず、時には音楽のことを頭から消してしまう時間も必要かもなぁ…などと思っています。

ところで、かねてからの懸案であったステレオアウトによるセッティング。けっこういい感じにまとまって来ました。ステレオアウトって下手をすると音像がぼやけてしまいがちですが、今のところうまく厚みが増して気持ちのよいエアー感が増大して病みつきになりそうです。w

明日もステレオで臨む予定ですが、現場のアンプのコンディションが心配なところ。ある意味、機材の厳しい環境下でどこまで納得のいくセッティングを実現できるかのテストと考えるのが良いかも。



にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村




これは久々にワクワクするニュース♪



なにしろあのBognerですから、ろくでもないものを売るわけがありません。

しかし、今からだいたい想像がつきますが、間違いなく品薄になるんでしょうね〜。Riotの時も初期の品薄状態はひどかったですが、なんかそれ以上になるような気が…。

国内での価格設定が気になるところです。アンプのECSTASYなんかは平気で軽く50万オーバーですからねぇ。
Bognerのペダルを使ってるとプアマンズBognerなんて言われるようになるんでしょうか…w



にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村




mono M80 DUAL ELECTRIC GUITAR CASE


ライブやスタジオの際に、できればスペアのギターも持ち込みたいと思っていたのですが、なにしろめんどくさがりなもんでこれまでずっと1本で済ませてきました。幸いにも重大なトラブルに陥ったことはないのですが、これって冷静に考えるとけっこうギャンブルですよね〜。

で、今年はそういうのを変えて行こうと。
ギターケースが2つになって荷物が増えるのがイヤ、というのは億劫にさせる大きな要因の一つですよね。
なので買いました。2本収納できるケース。w





けっこう評判の良いmono製です。
それなりにお高いですが、やはり品質は良いですね。色々とツボを抑えた工夫もしてあり、ギタリストの要望をちゃんと汲みとって作ったんだろうなぁと思わせます。

わかってはいましたが、2本収納ですから厚みはスゴいです。w


ヘッドロック機構もものすごくしっかりしてます。


各種素材の耐久性はかなり高そうですが、実際に長期間使用してみないと見えてこない部分はあるかもしれません。

しっかりした造り・高い収納力、を求めている方にはオススメできる製品だと思います♪




にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村





さて、先日購入したATOMIC OVERDRIVE。
細かいニュアンスは伝わらないかもしれませんが、一応ムービーを撮ってみました。
ギターはDon Grosh(KINMAN シングルコイル)
TIMEFACTORからEGNATERとBoogie NOMADにステレオアウトしています。

OVERDRIVEの名前がついていますが、ゲインはディストーションの領域までカバー。ゴリゴリのメタルをやるにはちょっと物足りないでしょうけど、モディファイJCM800や80年代ハードロックサウンドが好きな人はきっと大好きなサウンドですね。

Riotとは倍音の出方が違いますね。やはりRiotの方がハイ・ファイなニュアンス。ATOMIC OVERDRIVEはきらびやかな部分が少し引っ込んでいます。しかし、とても素直なサウンド。言い方を変えると、過度な演出をしていないとも言えるでしょう。

これはもう好みの問題ですね。生々しさ、Marshallっぽさを求めるならATOMIC OVERDRIVE。モダンさを追い求めるならRiotでしょうか。
ノイズに関してはRiotの優秀さが改めて際立った結果となりました。ATOMIC OVERDRIVEも良好なレベルなのですが、ちょっとばかしRiotが優秀すぎ…。

気分を変える意味で、当面はメインをATOMIC OVERDRIVEで行ってみようと思います。そんなわけで最新のボードの状況がこれ。



何気にEBSのDynaVerbなんかも加わってたりします…。




にほんブログ村 音楽ブログへ

にほんブログ村



HOMENEXT≫


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析