忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




わかる方にはわかる過去の遺産の数々…(涙

現在は実家に放置状態なのであります。
昨日実家に立ち寄った際に思わず写メ。

上からGP-16、GP-8、HUSH II B(!)、GALLIEN-KRUEGER 250RL(!)
80年代のベストセラー達。
ちなみにマウントしてあるラックは20U位(?)のとてつもなくでかい
やつだったりします。あの頃はラック全盛だったなぁ…(遠い目)

GPはデジタル機器になるのでしょうけど、内装されているオーバードライブは
当時のアナログサーキットらしく、それだけのためにいまだにこだわって使用
されている方もいらっしゃるようで。
HUSUの佇まいもかっこいいですよね。コイツはなんか凄いものなんだっていう
畏敬の念みたいなものがあったような記憶が…。

で、今日の本題はGALLIEN-KRUEGER。
会社は現在も地味に存続しております。なんか今ではベースアンプ専門メーカー
みたいな認識をされているようですが、シーンに登場した時はギターアンプの
方がクローズアップされてたと記憶しています。

GALLIEN-KRUEGER 250ML


とりあえずこの250MLが大絶賛だったような。
250RLはこのヘッド部をそっくり取り出したモデルになります。
で、なんでこのアンプを買ったのか???
実のところその動機は不明。というかぜんぜん覚えていない(汗
なおかつちゃんと使った記憶も無い。
だからどんな音がするアンプなのかもさっぱり説明できません。 ^ ^;
ひどい話であります。
ちょっと気になりましたのでYouTubeで検索した所、1件だけありました。
250RLでRUSHとかその他諸々を弾き倒してるムービーが。


説明を読むとディレイを1個かましてるだけで、ダイレクト接続。
Bチャンネルでアンプに装備されているGAINスイッチをONで弾いている模様。
お!なかなか良い音してませんか?
チューブアンプと比較することはナンセンスですが、トランジスターアンプの
クリーンさが心地よい感じです。
ふ〜ん、このアンプけっこう良い音するじゃん♪

というわけで、なにか使い道はないかなぁといろいろ妄想開始です。
ブログのネタにと思い写メを撮っただけで、実は実家から持って来てません。
早速取りにいかなければ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析