忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、到着しました。
まずはフルサイズのストラトと比較してみましょう。
カラーが膨張色ということもあり、遠目に見ると微妙にしか
差を感じないのですが、並べると歴然です。
それにしてもめちゃめちゃ軽いっ!

その1

わかりやすいようにラインを入れました。


その2


その3


その4


なかなか厳密な撮影は難しいのですが、サイズ的にはざっとこれ位の
差があります。アンプで音だしが出来ていないので、サウンド的なことは
後日に。

とりあえずは演奏性の部分について。
FIJIGENのミディアムスケールはナット幅が42mmとロングスケールのものと
同じになっていますので、握り込んだ時の感覚に違和感はありません。
ローポジション⇄ハイポジションの動き、ストレッチ気味なプレイに関しては
あきらかにやりやすいですね。
でも最も極端に感じるのはやっぱりテンションの差ですなあ。
か〜なり緩いです。
出荷時は.009のゲージでセットアップしてあります。
うちのバンドはボーカルのキーの関係で半音下げチューニングでやってまして
試しに半音下げてみましたが、もうでろんでろんです。(笑
ザックワイルドばりの凄まじいビブラートも楽勝って感じです。(笑
半音下げの場合は.010のゲージでセットアップしないとダメだな。

テンションもこれだけ違い、ピックアップのポジション的にも大きな差が
ありますから、そりゃストラトの音はしませんわな。
ネガティブな意見が多いのもわかります。
でも、イコールこれが悪い楽器であるということではありません。
FUJIGENのキッチリした作り込みで、ちゃんとギターとして成立しています。
見た目はストラトですが。そういう姿をした固有のモデルと考えれば
きっとバラ色の未来が開けるはずです♪
ストラトと比べちゃいけないんですよっ。

で、自分としてはこの楽器をこれからも使い込んでいく気になってるのか?
…ちょっと微妙かも。
今回このギターを手にしてみてわかった事がひとつ。
自分にとって演奏性の高いネックってのはスケールの短さや握りの太い細い
ではないということ。
じゃあなんなの?

“厚いか薄いか”

どうやらこれだったようです…。
FUJIGENが届いてから、Fender MEX、Sadowskyととっかえひっかえ弾いて
みたんですよ。そしたら一番しっくりくるのがFenderMEX。
んん?と思ったらFenderMEXが一番ネックが薄いんですよねぇ。
長いことギター弾いてきましたが、いまさらやっと気付きました…。


まあせっかく買ったギターですから、とりあえず明日はサウンドチェックを
してみようと思います♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析