忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


トレモロユニットのせかえました。

GOTOH VSVG Willkinson Licenced


基本はオーソドックスなスタイルで、随所に独自のアイディアを盛り込んであるユニット。
サドルは折り曲げスタイル。


ブロックは黒いけどちゃんとスチールです。
弦を通す穴も独自の理論に基づいて配置。


さすがにGOTOH製だけあって製品のクオリティは高いです。
しかしながらこのユニット、調整・セッティングのしやすさに関しては少々?マークが点灯します。


普通のユニットと一番大きな違いは上の写真にあるサドル固定用ビスの有無ですが、コイツが少々クセモノ。

この構造のメリットは、サドルがブリッジプレートにしっかり固定され弦振動の伝達に優れており、なおかつサドルの位置がずれることがないという点。これは確かに素晴らしい。

で、オクターブ調整及び弦高調整の際にはこのビスを緩めて調整するのですが、これがけっこうデリケート。

ビスの緩め具合にひじょうに気を使います。
あんまり緩めすぎるとビスがプレートから抜けちゃいます。ビスが抜けるとサドルは弦の張力でヘッド方向に引っ張られているものですからびよ〜んと逆立ち状態に。実際やっちゃいましたから。かと言って緩め具合が足りないとサドルの動きが渋く動かすのに苦労します。最終的なセッティングを出すまでにかなり根気が必要ですね。

ただ、セッティングが決まってがっちりとビス止めしちゃうと、その安心感は普通のトレモロユニットの比ではないですな。サドルがぐらつくことは皆無ですから。


ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析