忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


足下のセッティングについて書いて行きたいと思います。
現在使用しているエフェクターボードはARMORのPS1です。



ARMOR製の既製品としては最大のサイズ。W700mm×D370mm×H80mm
ボードを組む際にProvidenceのPEC-1とLine6のDL4を組み込む予定だったので
なるべく大きな物を探していました。
Custom Audio Japan の製品も考えたのですが、なにしろお値段が比較に
なりません。ネット上のレビューを読みあさってAROMORに決定。


大きさ、重量共にかなりの物です。正確に量ったことはありませんがエフェクターを
組み込んだ状態で20Kg近くあるかもしれません。アンプよりちょっと軽いかな?って
くらいの感覚です。スタジオへは車で移動していますのでなんとかなってますが
手持ちでははっきり言って厳しいでしょう。正直メチャクチャ重たいです。

ケースそのものの作りはさすがにしっかりしています。各金具もプロユースな物が
使用されていますから安心できます。自重でケースがたわむといったことやガタも
ありません。





ケース上部をあけた状態です。





フタにあたる部分にはかなりの厚みのスポンジが仕込んであります。
PEC-1が収納できるわけですから、よほど背の高いペダルでなければふたが閉まらない
ということはないでしょう。
肝心の設置スペースについてですが、自分の現在のペダル及び機器のラインナップで
ギリギリです。余裕はほとんどありません。ペダルの形状や数が似ている方はご参考に
されたら良いかと思います。

現在設置しているペダル、その他は以下の通りです。

JUNKTION BOX × 1
Fulltone Distortion Pro × 1
PROCO RAT × 1
T.C. Electronic SCF × 1
Line6 Echo Park × 1
Line6 DL4 × 1
BOSS TU-2 × 1
Providence PEC-1 × 1
電源タップ × 1

次回のエントリーでは、具体的にボード内部について書きたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析