忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


では、個々のペダルについて見ていきたいと思います。

BOSS TU-2


特に説明は必要ないですね。おなじみのチューナーです。
いろいろな形状の物が販売されていますが、TU-2は標準的なペダルと外観が同じですので
ボードに組み込む際にレイアウトしやすいかなと思い選びました。
PEC-1のチューナーアウトとつながっています。他のループとは無関係ですので、TU-2を
つなぐことによるサウンドの劣化は気にする必要がありません。
チューナーアウトからは常時信号が出力されていますので、PEC-1のMUTEスイッチを踏めば
いつでも無音でチューニングできます。ループとは無関係なのでTU-2のアウト側には
なにもつながっていません。視認性、操作感ともに問題ないです。さすがにBOSSの定番
機種といったところでしょうか。



Fulltone Distortion Pro、PROCO RAT


Fulltone Distortion Pro、マイナーな機種!?(笑
実際に使ってる人、見た事ありませ〜ん。定価高いんですよねぇ…。(笑

あくまでも主観ですが、このペダルは難しいなぁ。
ベストセッティングを見つけるのは至難の業です。
ギターとの相性、アンプとの相性、合う合わないがありまくりです。
マイクフラーが演奏しているデモではハムバッキングとマーシャルの組み合わせで
たいへんよろしい音がしておりましたが…。

名前こそディストーションですが、一般的なディストーションペダルではありません。
そこまでのゲインはありません。歪みのニュアンスとしては、ファズ寄りな気がします。
聴感上はけっこう荒く感じます。荒くはあるのですが不思議なことに艶っぽさが加わります。
これは良い点ですね。それと、かなりファットになります。めちゃ図太くなります!
でもヘタするとブーミー。
先ほどベストセッティングを見つけるのは難しいと書きましたが、正直なところ
これ単体で歪みを作るのは断念しました。どうやっても好きな音にならない。
単に自分の追い込み不足かもしれませんが…。
現状の自分のサウンドメイキングが、アンプ側である程度歪みを作るスタイルですので
現在コイツはブースター的に使っています。
シングルコイルのギターでアンプをある程度ドライブさせてコイツを踏むと、
それはそれは図太い&艶のある音になります。
ブースター的に使うのが正解なんだろうか?
高いペダルなのにこんな使い方で良いのかなぁと、スッキリしない気分で使っております。(笑

左手に鎮座しておられるのは、皆様よくご存知のRATであります。
当時リアルタイムで購入したオリジナルです。一度オークションで売り払ったのですが
落札者の方から“発振するんですけど…”ということで出戻ってきたやつです。
その時も現在も、その発振現象は確認できず絶好調で動いてます。なんだったんだろう?
まあ結果オーライ、戻って来てよかったなと。

初期のRATがもてはやされていますが、現行品と比べた事が無いのでその点については
よくわかりません。でもやはり良い仕事をしてくれます。
主にハムバッキングのギターで使っていますが、低音の余分なブーミーさを削ぎ落として
くれ、締まりのある音像にしてくれます。ツマミのセッティングを見て頂ければわかる
と思いますが、FILTERはかなり絞っています。RATのFILTERはたいへん良く効きますね。

T.C.electronic SCF、Line6 Echo Park


これも定番中の定番、SCFです。嫌み無くさりげなくかかる美しいコーラス。
エグさを求めるのならコイツの出番ではありませんね。
あまりにも定番ですんで、いまさらこれといってインプレする内容も無いのですが
上品なコーラスを求めるなら、やはりベストチョイスでしょう。名機はやはり名機!
SCF導入前はBOSSのDimension Cを使っていました。これはたいへん良いペダルなのですが
ステレオで使ってやらないとその真価の半分も出せないんですね〜。
ステレオで使うとハンパない気持ち良さです。当面、ステレオセッティングにする予定が
ないので、SCFを導入したという次第です。

お隣はLine6のEcho Parkです。馬鹿みたいに重いです、コイツ。
シャーシがゴツいですからねぇ。サウンドの方はDL4譲りの上質なシミュレーションで
とりたてて不満もありません。アナログ的なディレイ音はなかなかです。
以前のエントリーで書きましたが、このシリーズは電源にシビアです。
サプライから分配した電源を使うと盛大にノイズが乗るようですので要注意ですよ。

Line6 DL4


これまた定番ですね。世界中で売れまくってますよね。…コイツも重い…。
プロの足下にもこいつがある確率はかなり高いという名機です。
現状のデジタル機器のテクノロジーからすると、今となっては少々物足りないスペック
かもしれませんが、実際の使用にあたってはなんら問題はありません。
そんなに難しい音楽をやっている訳ではありませんので、DL4のプリセット3つとEcho Park、
合わせて4つのディレイセッティングがあれば自分的には十分です。
ってか、実際そんなに使ってないか!?
しかしディレイ、エコーのジャンルにまでシミュレーションを持ち込んだLine6社の功績は
素晴らしいですね。20年前では想像もつかなかった世界です。

さて、ペダルを一通りご紹介したところで本日はここまでとしましょう。
次回もボード関連+αです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析