忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


GrungeとかAlternativeってほとんど聞かいないんですが、
唯一例外としてAlice in Chainsだけは大好きなのです。

Jerry Cantrell

彼の弾くギターっていうのがけっこうツボでして。

全然その気は無かったのですが、彼のシグネチャーモデルが異常に安く叩き売られているのを偶然発見。
ついつい衝動買いしてしまいました。(^_^;)
いや〜久々ですわ、1ハムのギターなんてw

G&L Tribute RAMPAGE Jerry Cantrell Signature


人生初所有のケーラー(笑)


G&L独特な形状のヘッド


G&L USAではなくTributeシリーズなので、元々の定価自体それほど高くはありませんが、それにしても不人気を語るかのような安値。まぁ確かになんにでも使えるギターではないわな〜。

このギター、色々と変わってます。
●まず全長が長い!w
汎用のギターケースだとヘッドが収まりきりません。付属のケースがしょぼかったので他のケースに入れようと思っていたのですが、どうも無理みたい。ヘッドがでかいんですよね。

●ネックの形状が独特。
基本はUシェイプということですが、けっこう薄い。
何気に握ると指板のエッジが手に痛い感じ。これは慣れか?

●ケーラーのマウントの仕方が独特。
本来ブリッジ後端にフィックスド・ブリッジロックのネジ穴があるのですが、その穴が隠れるくらい深めにマウントしてある!
おいおいこれってただ単に工作精度が悪くてザグリのミスとかじゃないの〜??と思って、いろんな映像やら画像を片っ端からチェックしたんですが、どうやらUSAモデルも本人のモデルも同じ感じにマウントされている。仕様みたいです。

●そしてかなり重いっ!
ボディ材は比較的珍しいソフトメイプルという仕様。
そのせいかどうかはわかりませんが、けっこう重い。
お前はレスポールか!?っていうくらいの感じ。w

けっこう癖のあるギターのような気が。
で、このギターではいろいろと遊んでみようかな〜と妄想中。
まずは外観をイジる。こんな感じに。

これはPhotoshopを使って作ったイメージですが、なかなか良い…?
とりあえずこのデザインで計画をすすめよ〜!
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析