忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


3本目のギターはPeavy Wolfgang specialです。



今ではディスコンになってしまいましたね〜。
何を隠そう私は大のエディ信者でありまして、デビュー当時からの
熱烈なファンなのであります。

Musicmanからシグネーチャーモデルが登場した時はいろんな意味で衝撃を受けました。
なにしろエディと言えばブリッジにワンピックアップ、フロントなんか使いません♪
というのがそれまでの常識でしたからね。
で、なんだかそういうギャップにしっくり来ない物を感じていたりして、結局手を
出さずにいました。そうこうしているうちにMusicmanとの契約が終了。そしたら
次はなんとPEAVYからエディモデルが発売されるというではありませんか。
正直なところMusicmanの時以上に違和感がありました。
PEAVYは、アンプやその他機器のメーカーという認識でいましたので、そんなとこから
ギターって???みたいな(笑
そんなわけですから、元々あまり購入する気はなかったのですが、当時たまたま
財布が潤っていまして(笑)、ほんの出来心で買っちゃいました。

特別な思い入れは無く買ったギターでしたが、使ってみるとこれが実に良く出来たギター!
当時のPEAVY社がいかに気合いを入れて取り組んでいたかを物語っています。
ビッグネームであるエディとエンドースする訳ですから、ヘタなことはできんぞ、って
ところでしょうか。とにかく全体的にかっちりとそつなくまとまったギターです。



所有するモデルは安いクラスのWolfgang special です。
個人的にアーチドトップよりもフラットトップの方が好みなので、あえてこちらを
選択しました。ピックアップはPEAVYのオリジナルモデル。
大出力というわけではありませんが、心地よく歪むピックアップです。
ドンシャリの傾向が強いように思います。当時のエディのサウンドを強く意識した
音作りですね。間違ってもデビュー初期の“ブラウンサウンド”ではありません。
お約束のフロイドローズ&D-tuner搭載です。



今では当たり前になった感のある半塗装のネック仕上げ。
当時はまだそう多くはありませんでした。
サラサラの感触は握りが心地よいです。



指板は限りなくフラット。フレットはミディアムジャンボ位。
演奏性はかなり良好。ハイポジションでの演奏性もなかなか。




とってもバランス良く仕上がっているギターなのですが、思い入れの薄さからか
実戦ではあまり使っていません。個人的にフロイド式のトレモロが性に合わない
というのもありますが…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析