忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


機材の見直しあたって新規に導入したアンプ。

MESA BOOGIE NOMAD 45


これって正直マイナー機種じゃないですか???
少なくとも自分は知りませんでした(汗
入手にあたって色々と調べたのですが、WEB上での情報もすごく少ない。
どうやら不人気機種だったようですね…。
でもそのおかげで、かなりお安く手に入れることができた訳ですが。


みなさんがBoogieに抱くイメージというとどんな物でしょう?
やっぱ“レクチ”ですか?
ぶっちゃけ今はそうなんでしょうね〜。重低音合金音楽御用達って
感じでしょうか。(笑
自分なんかはおやじですから、カールトン、サンタナ、高中正義…
って人たちを自然にイメージしますし、スタックよりコンボの姿の方が
なんかしっくりきます。

この“NOMAD”、当時のラインナップとしては
NOMAD45、NOMAD55、NOMAD100、の3機種となっています。
この3機種ですが、出力の違いだけではなく使われているパワー管が違います。
45はEL84、55と100は6L6です。
同機種のラインナップの中でパワー管が違うって、これサウンドのカラーが
変わっちゃうじゃんね〜と思うのですが…。
なぜにこういう事になったのでしょう?博学な方がいらっしゃいましたら
ぜひご享受願お願い致します。。

過去に一度だけBoogieを所有していた事があります。
Subway Rocketです。出力20W(たぶん…)のコンボアンプ。
こいつもパワー管はEL84ですね。
当時のBoogieとしては価格も大変リーズナブルな設定で、Boogie入門機種のような
位置づけのアンプでした。粘っこくドライブする良いアンプだった記憶があります。
自分の過去のBoogie歴はこれだけなので、Boogieに関してはほぼ初心者同然です。
ですんで、サウンドに関して、Boogie他機種との比較というやつはできませんので
あしからず。m(__)m

とりあえず背面の写真。


スピーカーはおなじみBLACK SHADOW


NOMADは独立した3つのチャンネルを持つアンプです。
前面のコントロールは
GAIN , MASTER , PRESENCE
TREBLE , MID , BASS
モード切替スイッチ
となっており、これがまるっと3ch分あります。
右端には
全体のボリューム用のOUTPUT
ソロ時の音量調節のためのSOLO
という2つのポット。

背面には
手動でチャンネルを切り替えるためのポット
パラレルエフェクトループのMIXレベル調整用ポット
各チャンネルのリバーブコントロール用ポット
パワーアンプのボイシング切替用のポット

もうほぼ全部入りって感じですね。
RoadsterやRoad King等にはかないませんが、必要十分な機能性を備えています。
付属のフットスイッチではCH切替、リバーブのON/OFF、ソロ、のコントロールが
可能。


さて、次回は実際にサウンドファイルもアップしつつ、NOMADのご紹介第二弾
といきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析