忍者ブログ
かなりの長期に渡ってプレイすることを停止していた おっさんギタリストが、プレイヤーとして再生する 日々を綴る…。 って、まぁそんなたいそうなもんじゃありませんが。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


NOMADの続きの前にちょっと違うお話を少々。

先日26日の日曜日、ちょっとしたライブをやってきました。
海外からのアーティストがバリバリとライブをやるような箱で、PA等の環境は最高!
諸条件の絡みで、【SUGI+ToneLab ST】というミニマムセットにて参戦。
まともな場所でToneLab STを使用するのは初となりましたので、
使用感をご報告しておこうかなと。

私が使っているギターケースはポケットがかなり大きくて、ToneLab STも
ケーブルもぜ〜んぶ入ってしまいました。ギターケース一つ背負っていけばOK。
(ToneLab ST+ToneLab STの電源アダプター+10mのケーブル2本+50cmケーブル+BOSS TU-2)
これは良いです♪ちっちゃいToneLab STならではのメリット。

会場のギターアンプはMarshallとYAMAHA DG100-212A。
ToneLab STを使うので迷わずYAMAHAのクリーンチャンネルをチョイス。
現在は生産中止となっているYAMAHA DG100-212Aですが、このアンプけっこう
良いアンプですね。名称は忘れましたが、YAMAHA独自の技術が投入された
ハイテクアンプで、音作りの幅がめちゃめちゃ広いです。
クリーントーンもひじょうにリッチです。

とりあえずDG100をJC的なセッティングにしてToneLab STを接続。
このライブに備えて、あらかじめ自宅でToneLab STのセッティングを追い込んで
おきましたが、アンプが違うので少々不安…。

サクッと結論を書いちゃいますが…
【ToneLab ST】、サウンドクオリティ的にはかなり使えますね!
歪みはMarshallのモデリングを元にしたセッティングを使用。
クリーンはJCのモデリングにアコースティックのエフェクトをプラスして
透き通ったキラキラ感全開の音を使用。
歪みに関してはやはり若干の細さが気になる所ではありますが、あんな小さな
ボディからは想像もつかないようなリッチなサウンドが出ます♪

ToneLab STを使う場合、アンプはクリーン状態のセッティングで使用するのが
一般的かと思いますが、やはり使うアンプの元々のカラーやクオリティで、
最終的な出音がずいぶんと違ってくることを今回痛感しました。
音作りのメインはToneLab STが担うわけですが、音の最終的な出口であるアンプが
ダメダメなアンプだと、やはり出てくる音もショボいです。
現場にあるなるべく良いアンプをチョイスしましょう。
そして出音に応じた補正がスピーディに行えるように普段からトレーニングしておけば
【ToneLab ST】は相当強力なアイテムになりますよ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
passward   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback


やっぱGUITARやるかっ!
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(02/07)
(04/11)
大好きです。(返信済)
(04/11)
無題(返信済)
(03/30)
無題(返信済)
(03/27)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
MACKEE
性別:
男性
自己紹介:
その昔、恐れ多くもギターで飯を食おうと思っていた事もありましたね〜。現在はWEBの制作、管理、各種の撮影等をしておりま〜す。
広島在住。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析